茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

いつわりいろ・・・one-para


                      春分の日をはさんでの連休は函館ですごした。

                      父の見舞いやお墓参り、母のショッピングのお供・・・・・。
                      
                      行きも帰りも、荒れた気候で、道中は正直しんどかった。

                      でも実家というものは貴重なものだ。
                      こころから、のんびりさせてもらえる。
                      母にベタベタと甘えて過ごす茶々・・・・、適度に甘やかす母。
                      母は「犬はダイキライだけど、茶々は好き。かわいい。」といつもいう。
                      ときどき茶々が女の子だということを忘れ「ボク」と呼びかける・・・・。
 
                                      そんな非日常から、さっき戻ってきた。
                                       道中、あたたかい出会いもあった。

                                           あすからまた日常へと。



                               函館などで、ぼちぼち撮ったフォトは、おいおい。






            わたしや茶々の日常が、フツーに天然な色だとしたら、
            「休み」だとか、その最中のドライブだとか、
            帰省とかは「非日常」だ・・・・・と つくづく思う。

            いつか寄らせていただいた「ワン・パラ」も、
            たった三週前のことなのに・・・・
            すでに、遠い思い出のような・・・「非日常」になっている・・・・・



                          それで、今日は、「いつかのワンパラ・いつわり色」バージョンです。
b0175163_13135277.jpg

                          茶々はもうすぐ七歳、だけど、飛行機には乗ったことがない。
                          この空飛ぶ゙ブッタイを、なんと思うのか・・・・。







                                 そう、いつか行った「ワンパラ」には・・・・
                                 「グランドキャニオン」みたいな場所がある。

     ただし、グランドキャニオンにはわたしも行ったことがなく(笑) 
     らしくみせるために、夢のなかのように・・・・・  「いつわり色」にしてみた。
b0175163_13142819.jpg


                               こうして、すべて「いつわりの色」にしあげても
b0175163_1314458.jpg


                                  こんな場所もあるのかなという・・・・・
b0175163_13153125.jpg


                                  不思議に、ありのままにみえる光景で
b0175163_23303878.jpg

                                   そこがとても不思議といえる場所だったな。

                                       ワンパラ・3月7日 ここだけ「晴れ」

                  
                   みぞれ混じりのべちゃべちゃの雪の道をクルマで250キロ走り続けて
                   かなりお疲れなわたしは、この「非日常」が、輝いて懐かしい・・・・。
by oak412 | 2010-03-23 21:55 | 日々のこと