茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

夏への扉


            じゅんこねえねの「夏祭り企画」で 夏歌 がとりあげられていました。
b0175163_2220549.jpg

                                    時空を越えて、「夏」はくり返す。


             ねえねのブログには、おふざけコメントを残してきたわたしですが、
             真剣に考えると、男子バージョンになっちゃうけど、
             この楽曲 「夏への扉」 (← クリック!) トップテン入りします。
b0175163_22203026.jpg

                                          「夏」への扉が開いたら、


                   ときどき、達郎さんのようなつもりになって、
                   おおらかに、のびのびと、ハナウタします。

                   いまでも、いけてると断固思う、このサウンド。



               あぶくをみても嬉しくて、はしゃぎださずにはいられなかった
b0175163_22205185.jpg



                    この曲は、達郎さんの名盤と、断固思う(笑)
                    「RIDE ON TIME」に収録されています。




                夏の扉から飛びだすように、走り出さずにいられなかった
b0175163_2221889.jpg


          

          ロバート・A・ハインラインの書いた
          「夏への扉」という小説がモチーフの楽曲。
          小説は、主人公が、ネコといっしょに、
          その時代からすると、とっても未来な2000年に来ちゃったり帰ったり、
          その間には、ワナがあって、もがいて、戦って、愛があって、あふれてて
          ラストは、めでたしめでたしの小説だったはずで、
          すごくおもしろかったのです。




                  時空を越えて、そんなとき、そんなときが、あったよね。
b0175163_222217.jpg




                             茶々、暑さにかなり弱くなったけど、
b0175163_22225184.jpg

                                  夏は、どきどきしちゃうんです。




          ※ 青字はフォトにくっつけて、黒字は本文として、読んでいただくといいです。※
by oak412 | 2010-07-15 00:15 | 日々のこと