茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

シャワーが極楽?


     茶々はお花の香りのエアシャワーは大好きだよ。
b0175163_14221797.jpg

                                    でも、バスルームのシャワーは苦手。



     ゆたがノーザンホースパークに行ってきたとき、
b0175163_14223113.jpg

                   シャワーの順番を待ってるお馬さんがいたって。




     そして、シャワーのとき、気持ちがよくて、片足があがっちゃうって。
b0175163_1422406.jpg

                        洗ってくれるお兄さんはお馬さんにとってもやさしいのだって。





     おお、お馬さんがとっても気持ちよさそうだよ。
b0175163_14224752.jpg

                          夏はシャワーが一番っていうけど・・・・・茶々は苦手です。









水曜日の夕方のお散歩は「スコール」に遭遇。
家をでて、ほんの何分もたたないうちに、勢いよく降る雨で、
これが「ずぶぬれ」なんだな~っていう状態に。
でも大事な「用事」はすませないと・・・頑張って歩きました。

いつも通るウサギ小屋のあたりに、女性がぽつんと立ってます。
ずぶ濡れになって、うつむいて・・・・・。

茶々が「どうしたの?」と近づくと、
友好的な犬に対し、雨の雫で筋になって濡れた前髪の間から、目をギラリと。
「おっと、こりゃ、ヤバい系?」と オトナの判断をしたわたし、
なにもいわず、茶々をかるくひっぱり、公園へ。

その先の公園で、じっくりと時間をかけて、ピピとカカ二件の用をすませてくれたので、
「もうさんざんだったね、ずぶ濡れだ~、ここまで濡れたのってひさびさ?」なんて帰路につくと、
さっきの女性が、怒鳴っています。
彼女にカサを差し出す、お母さんのような人にね。
さんざんキレて、
「なんで早くきてくれないの? こんなに濡れてしまった。 」と、怒鳴り散らします。
それが、だんだんエスカレートして罵詈雑言になってます。
お母さんのような人は (わたしたちをさして)
「人がいるから、やめて。感情的にならないで。」とさえぎろうとしています。
女性はそんなのおかまいなし「どこが感情的なのさ?わたしの話しをききなさい。」
と、「いっちゃった人」ぶりがエスカレート。
繰り返しいっていたのは、「お母さんがむかえにこないから、こんなに濡れた。」
天気予報で、さんざんにわか雨に注意の日だよという情報があったにもかかわらず、
手ぶらで外でて、マヌケにずぶ濡れになってる自分が悪いとは、かんがえられないのですね。
わたしと茶々は「間がわるかったね~。」とスコールの中いたので、
ずぶ濡れの不快さよりも、そのワケのわかんない女性大きな声で、お散歩が台無しな気分でした。

アレてるヒトってふえてるのかな~。
by oak412 | 2010-07-24 00:02 | 日々のこと