茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

また、雨上がりだった。

              
              わたしたちの部屋には、秋の小旅行・二日目・雨上がりの「彩香の里」で
              母からのプレゼント ラベンダーのドライの花籠が ほのかに香っている。
b0175163_2331799.jpg




              九月の連休、母とのドライブ旅行で立ち寄った「彩香の里」
                                         「さいかのさと」と読む。 
b0175163_17222689.jpg

            この看板はそのときも見た。なのに・・・・・。
            そもそも、わたしの名前は「由香里」だというのに、
            「香」も「里」も、どっかに吹っ飛ばして、この丘を、
            「彩の丘(あやのおか)」というだと・・・思いこんでいた。 (苦笑)

            
            そう、七月のなかば、毎年恒例、富良野のラベンダーをみよう!と 
            茶々をたたき起こし(笑)早朝のワープで富良野に来た。
            三笠のまち経由のドライブ は 快適~!
            だけど ハイランドふらのさんの手前 でどしゃぶり。

            ここ「彩香の里」あたりで、
            富良野の空は、これから「暑くなるぞ」、そんな勢い。
            垂れ込めていた雲がどこかに流れていく中にいた。
            ここで、韓国から自家用車でわたってきて、
            ひと夏を北海道で過ごすという40siさんご夫妻に出会ったのだった。
b0175163_17224821.jpg



         はたして、茶々は記憶しているんだろうか?
b0175163_17232083.jpg

                              すっかり枯れているラベンダー畑であっても・・・・・



               お二人に、「かわいい・かわいい」と、やさしくされたあの朝を。
b0175163_1723643.jpg




           あの日のまぶしいくらいのこの丘の様子を  ( ↑ この丘と同じ場所の7月 )
b0175163_23324733.jpg




         ここには、なぜか「雨上がり」に訪れる巡り合わせだ。
b0175163_17233211.jpg

                           そして、ここの秋の「雨上がりの質感」・・・・格別だった。
by oak412 | 2010-09-25 00:03 | 風景