茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

14番目の月が昇る日

       最近、夜空がきれいな日がつづき、
       膨らんでいく月を愛しくながめること多かった。
       今夜は14番目の月。 
       といっても月齢14.9でほとんど満月。
       夜が来るのが楽しみ・・・・。

       そんな日曜日は、よく晴れていて、
       手稲山のむこうに太陽が傾きはじめていた。
       稲積公園の芝生はやわらかい初冬の陽射しにつつまれて、
       遠くにフリーで遊ぶおおきなわんこ。
b0175163_16113897.jpg

                                          「のどか」 こんな午後に。






           乾いたイチョウの落ち葉の色はゴールデン、傾いた陽射しに輝く。
b0175163_16115675.jpg






                      そんなとき彼女に出会った。
b0175163_1613413.jpg

            12歳の彼女の名前はLunaちゃん。ちょっと内気な性格なんだそう。
                                     (ルナ・・・月という意味だ。)





            茶々と並んで写真を撮ろうとしたが、
b0175163_16134663.jpg






              ルナちゃんは、きまじめな顔して、ちょっと離れておすわりする。
b0175163_1614389.jpg

                 内気さで「間」があいてしまうとこが、笑みをさそう。





b0175163_16535977.jpg

                 傾いてる初冬の陽射しが木々を貫く そんな午後。






b0175163_16552698.jpg

                       ふたりの「間」、なにか かわいい。
                   「月」や「太陽」のように 輝く加工を施しました!
by oak412 | 2010-11-21 16:19 | 日々のこと