茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

輝く雲の淵



                        朝おきて、カーテンをあけたら、
                      ちぎれて、よこにひろがっている雲に、
                  まだ姿をみせないおひさま、あかるく射していた。




                        いそいで着替えて、外に出た。

               カーテンをあけた瞬間より、ずっと雲の分量が多くなっていた。
b0175163_2132318.jpg



                      茶々と仲良しのチワワのカイトくん。
                        小柄だけど、とっても活発。
                        茶々になにか話しかけてる。                     
b0175163_2134298.jpg

                      ふたりが周囲の空気でほんのり朱い。
                     こっちのキモチもほんのり明るくなるよ。

                      「希望」という文字が名前につく橋を、
               むこうにわたっていくカイトくんとおかあさん、おとうさん。


                         おかあさんが両手をあげた。
b0175163_213284.jpg

                             雲の淵が明るい。
                 あのあたりから、おひさま、おはようってでてくるのかな。
                      こっちはぱっちり目覚めているけど、ね。
by oak412 | 2010-11-24 00:03 | 日々のこと