茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

カモメと茶々のイノセント


          昨日アップした景色は入船漁港のうちのこと。
          あのカモメは、ふいに、首を外海にむけた。
b0175163_2229820.jpg




   視線は堤防(岸壁)の外。
b0175163_22292423.jpg




          赤灯台のむこう、おおきな舟が函館港に滑り込んできた。
b0175163_22293542.jpg




   外海の舟の間、遠くに上磯(現・北斗市)のコンクリート工場がみえる。
b0175163_22295259.jpg




          海と空を、気きままにいきかうカモメ。 いつでも自由にみえる。
b0175163_2230475.jpg




   カモメにくらべて、リードにつながれ「行動」の粋は不自由でも、
b0175163_22301459.jpg

                     茶々のタマシイは、わたしの知るかぎり、きままで、自由で、無垢だ。
by oak412 | 2011-01-14 22:40 | 日々のこと