茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

いくつもの厳島



           早いもので、年が明けてから、半月どころか・・・20日たって、
           きょうは、「大寒」で。さらに今年はじめての満月の夜がきてます。
b0175163_2131581.jpg

           日中は、仕事してるのがイヤになるくらい、
           窓の外、空の青さが素晴らしかったのに、
           仕事が終わって家に帰るときには、
           わたしのまわりのごく小さな世界は、真っ白の猛吹雪・・・。

           それも、茶々のお散歩をはじめた夜七時くらいには去って、
           二回目の夜のお散歩のときに、
           ナイスな満月を味わうことができました。

           さて、初詣・・・・(唐突に時計は逆巻き) は、
           元日にすることだけをそういうのではなく、
           大意では「まつのうち」、つまり七日までにお参りすれば
           「初詣」と表現していいそうです。

           函館に帰省してるとき、わたしは二回目の初詣をしてました。
           それも、幼少のころ、夏祭りにいっていた神社に・・・・。




           調べたら、全国で500社もあるという「厳島神社」
b0175163_1783850.jpg

           母の故郷、旧南茅部町の「厳島神社」にも、このお正月はお参りしてきた。
           この船の日の丸の向こうに見える赤い屋根がその「厳島神社」





           「近景」(笑)
b0175163_17884.jpg

                          ちいさいころは、母と手をつないで歩き、
                          ここのお祭り(たぶん夏祭り)で 
                          綿あめやヨーヨーを買ってもらうのが楽しみだった。





         母は、初詣をすると、
         「わたしはあまりよくないことが起きるから」といい、パス。
b0175163_1794789.jpg





         「寒いから」という茶々もパス。
         ふたりでクルマで待機。
b0175163_1710352.jpg

                     しかたない、「福寿丸」という漁船と磯船を撮っておいたから、
                     これを「大吉」のおみくじがわりにしてもらうことにしよう。

                           いくつもの厳島神社のひとつで、
                           ¥100いれたら、自分で引くシステムのおみくじ、
                           わたしは、みごと「中吉」でした(笑)
by oak412 | 2011-01-20 23:07 | 日々のこと