茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

にじむ街の灯を


         名曲 悲しい色やね  
         歌詞の「大阪ベイブルース」というとこを、
         「小樽運河(おーたーる・うんがぁ~)」にかえて、
         「大阪の海は」のとこを「小樽の運河は」などと、
         ダイタンに改造しつつ、ハナウタしながら・・・・・
                                                       撮った一枚。
b0175163_16325760.jpg

                                       なにか 「悲しくはない」 写りなような(笑)

                   



      三脚は持っていかなかったので、「タイマー」でしのぎました。
      

     美しい景色。 この橋の上、どこかで、かならず「感嘆」の声があがります。
b0175163_1645084.jpg



      ぬくもりのある灯かり、ほっとします。
b0175163_1773168.jpg



      運河沿いの建物も、幻想的になるのが「雪あかり」マジック
b0175163_16451557.jpg



     ゆらぐ炎 みていてまったく飽きません。
b0175163_16452772.jpg



    人影と、雪あかりが混在しています。
b0175163_16454099.jpg

                           ここは、外せない「運河会場」からのフォトです。
                           夜8時近く、多くの人が訪れていました。                   
          
             

                ・・・・・・お留守番だった茶々は、かなり怒っています。
b0175163_16455877.jpg

                   どうか、機嫌を直していただきたいものです。




                        14日まで開催のこのお祭り、
b0175163_17142074.jpg

                          「夕暮」の青い時間に、
                    また、ながめに来れたらって思うのですが。
             予定満載の連休の最終日しか・・・たぶん「空き」がみつかりません。
              
                そして・・・その日は、大量に雪が降る予報がでています。
         
              今も「オニ」のような「猛雪」で明日のお出かけに一抹の不安も。

                   冬は続く、青い時間の「雪あかりの道」けわし。
by oak412 | 2011-02-10 22:30 | 日々のこと