茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

雪の質感


茶々です。ごきげんようです。
b0175163_1638564.jpg



3月になったからって、
茶々はいつもと同じです。
b0175163_16381861.jpg



やることは、嗅ぐ事。
熱心に、つつうらうら、嗅ぐ事です。
b0175163_16383017.jpg


二枚目のフォトだと、茶々のまわりは、「真っ白」で、
これで雪解けが、それなりに、すすんでるなんて気付きにくいのですが、
はいつくばって撮ってみた(笑)一枚目や三枚目は、ざくざくになった雪の表面が写ってます。
これは「雪は日中とけたとこに、強い風がふいて、冷え込んで、またかたまった」感じです。

そんな今夜、茶々とお散歩をはじめたのは、午後7時くらいでした。
そのころから、雪が降り始めました。
しんしんと、降り続けています。
また、朝の「土手」の質感がかわってしまうなぁ。

茶々のまわりは、春のお花には未だ遠く、雪の花が、まだまだ盛りのようです。
by oak412 | 2011-03-01 21:55 | 日々のこと