茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

春?姫?どっちだ?


      朝日の射すほうをまぶしく見つめる茶々と・・・・・、
b0175163_22161942.jpg

                               そのあたりに一生懸命花開くちいさなお花たち。



           ユーミンの楽曲には、
           そこらへんに咲いてるのお花がタイトルになってる「名曲」がありまする。
           これもそう、 ハルジョン・ヒメジョン  ね。

           その、ささやかだけど、たくましく咲くお花、
           二種、見分け方もあげてきましょう。

            【春紫苑】
                 花期が1ヶ月ほど早い(4~5月頃)。
                 つぼみは下向きにちょっと垂れる。
                 白い花の部分はやわらかめ。
                 葉っぱは茎を抱くような形で伸びている。
                 茎は中が空洞。

           【姫女苑】
                  花期は夏(6月以降)。
                  つぼみは上向きのことが多い。
                 白い花の部分は、(茶々のしっぽのように)
                                ピーンと張っている。
                 葉っぱは茎からストレートに伸びている。
                 茎には髄(ずい)という部分が詰まっている。


       

     北海道の一般的なお花は、なんでも1ヶ月遅れの法則なので、
b0175163_22135624.jpg

                                    これは、ハルジョンなんだろうな~。

                                    茶々のしっぽのようなピーンちゃんは、
                                    夏の盛りが過ぎてから・・・・
by oak412 | 2011-06-21 22:18 | 日々のこと