茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

空燃える


      茶 「ちょうどお日様が沈みはじめる時間だね。」
b0175163_16113827.jpg





       「沈む太陽を追いかけて散歩」した昨日の軽川(がるがわ)土手
b0175163_16115623.jpg





           線香花火の「玉」が粘ってるような(笑)
b0175163_16121021.jpg





           茶々は、ここで「電撃」の出会いをはたします。
b0175163_16124813.jpg

                      ふとしたきっかけで、、「白いビーグル茶々」に注目して、
                      以前からブログを見ていてくれたというSさんが
                      偶然通りかかり、「もしかして茶々?!」と、
                      土手の下から声をかけてくださいました。
                      テレ屋の茶々は最初はそばにいかなかったけど、
                      やさしく声をかけられて、アタマをよしよしされていました。
                          (このふたりの様子も撮っておけばよかった~笑~)





            そんなSさんとお別れしてから、
b0175163_16163315.jpg

                                           ふりむくと「残照の空」



          仕事の就業時間の関係で、「夕陽どんぴしゃ」な時間に帰宅ができません。
          これから序々にその時間は早くなるし・・・・、
          夏のおわり、「夕陽どんぴしゃ」は、昨日の日暮れがラストかな。
by oak412 | 2011-08-22 16:36 | 日々のこと