茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

ひとときの黄金色


                雨、雨、雨、雨の中、9月17日、函館に向かっていた。
b0175163_14323350.jpg

                    共和町というとこで・・・黄金が広がっていた。




今年の6月に、「9月の敬老の日」あたり、ちょうど連休で、いいかんじと、母と小旅行を計画した。
茶々も泊まれる「温泉宿」の手配など、すべて終えていた。

その「一泊旅行」に、母を連れ出すために、まず函館に迎えにいく。
そして、次の日、母と一緒に函館をたち、宿に向かう・・・。

その両方の道中が、なんとずっと雨だった。

せっかく「被写体の宝庫(笑)」函館にいったのに、
着いたら暗いし、ざんざん降りだし、
体が雨のドライブに疲れきってしまっていたし、
行ったら行ったで、もろもろと用事もあるので、
一枚も「函館滞在フォト」をとってきていない始末。




           そんななか、行きの道中、海岸に抜ける手前、
b0175163_14304322.jpg





            「共和町」あたりで雨が止んだ。
b0175163_1431713.jpg





             そのときの黄金色。
b0175163_14313058.jpg

                                    雨とはいえ、旅の実りを予感させてくれた!
by oak412 | 2011-09-20 19:00 | 日々のこと