茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

いつきても


ガンガン寺とも呼ばれている、
わたしの故郷の函館にあるハリストス正教会は、
冬の青空のもと、大晦日の朝、清々しくそこにあった。
b0175163_14432860.jpg



この鐘が・・・「ガンガン」と鳴る・・・。
b0175163_14434341.jpg




b0175163_14435245.jpg




b0175163_1444161.jpg



b0175163_14441350.jpg


枯れて、葉っぱを失った木の間からみえる
教会の姿も、冬ならでは。
b0175163_14443032.jpg



b0175163_14444152.jpg

いつきても、このあたり、
それぞれの 神さまへの祈りが、懺悔という反省が、
ひと息をついて、もういちど踏み出す、
その背中を、しずかにそっと押してくれるチカラの感じる。
わたしにはパワースポットだ。
by oak412 | 2012-01-22 22:45 | 日々のこと