茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

あいたくないっ!


昨日は、暖かく (といっても、せいぜいマイナス気温がプラスになったっていう程度)経過。
夜のお散歩は、茶々もノリノリで、最近にはめずらしく いっぱい歩いた。

ただ、おとといはとても冷え込んでいてね
朝は、通勤のために、すこし大きな通りにでると、
片道二車線を塞ぐようにして、ワンボックスカーが横転していて、
通行整理にパトカーが3台ほどきていた。
この横転車が道を塞き、片側の車線しかつかえないため、大渋滞。

たぶん、単独事故。

たぶん、凍結路面、急ハンドルで スリップしたんだ。

ワンボックスカーの横転は、ツルツルの道では比較的多いときいたことがある。

実際に、わたしも、ワンボックスカーがスリップして横転したのを
目の前で、信じられない思いで、みたことがある。
その事故は客観的に、自業自得。
冬道を かなり派手に、乱暴に、運転していたから。

冬の凍結路面は、リスクが多い。

さて、今日は札幌市保健所さん主催で研修会があり、
午後、仕事を一段落させて、まちなかのそこまで出かけなくてはならない。

去年もこの時期に、同様の研修会に出席するため、わたしはマイカーで移動していた。
一時停止して 車の流れを確認し、その後、右折しようとしていたわたしの車のフロントに、
腎臓病で透析治療帰りの おじいさんにみえるおじさんの車が、
カレの前方不注意で、ドーンと突っ込んできて、
たまたま 双方怪我はなかったけれど、
クルマのフロント、おたがい「角」同志が かなり痛んだ事故にあった。

「おじさんの前方不注意」と認識していたわたしは、
交番での事情聴取で、おじさん自身、前方不注意をまったく認めず、
それどころか、わたしが一時停止していなかった、
おじさんが避けられないくらいのタイミングで出てきた・・・
そんな「作話」をいったことで、こじれた。

わたしと、おじさんの加入してる損保会社の担当者とで、モメた。

こっちとしては、一時停止していた車に、どーんと突っ込んできたのはおじさんという認識、
つまり、わたしは被害者と、ありのままを主張し、そこは まげるわけがなく、
おじさんの車の修理に、自分の加入している保険を使うわけがないという思い。

でも、おじさんは、交番でいったウソをつき通すものだから、
わたしを加害者とするおじさんの保険会社と わたし個人の 長期にわたる戦いとなった。

4カ月くらい、えんえんとモメにモメて、ラチがあかず、
けっきょく「双方払い」(それぞれの車の修理費はそれぞれが「持ち合う」ことで決着したが、
ワルクナイのにわたしは、自分の契約保険料が、翌年からアップするというオマケがつけられた。

そんな目にあった、あの道は、けっして通るまい。

あいたくないっ!事故。 カンケーもちたくない!あんなヘンなおじさんっ(怒) ・・・なんて思うのだ。


さて、茶々は・・・・
「また、明日ね。 また、あいたい、雪だるま!」と そこを去る・・・・。
b0175163_14484577.jpg

あいたい、そう思っているのに、
翌朝は、もうその姿が(壊されて)ないってこともあるんだよね。
そんなむなしいこともある・・・冬の朝。
by oak412 | 2012-02-23 00:03 | 日々のこと