茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

残冬の春


春分の日を前に、はらはら降り続いていた雪は、
ドロ色に化していた公園をまた白に塗りかえた。
b0175163_20273130.jpg

とても寒い春分の日の朝でした。




「今日はお客さまくるよ。」と茶々につげると、
b0175163_20275188.jpg

ドアのほうが気になるそぶりをしていた。



そして、やって来たのは、
b0175163_2028865.jpg

久しぶりのおさななじみのビビアン。




たとえば、若かりし頃のふたり・・・・  こちらクリック!




現在の茶々とのツーショット。
b0175163_20282592.jpg

ビビアンは9歳、茶々はもうすぐ9歳。




あたたかい部屋で、ふたりはくつろぎ、ニンゲンは、
「ビンボー鍋」と呼ぶ土鍋で蒸した豚ばらと大豆もやしをおかずに
中華風のタレをつけてすする冷麺。
b0175163_20285385.jpg

はるまき とか えびちりもつまみつつランチした。




午後を過ごし、六時でも明るい外へ。
そしてビビアンたちをお見送りしてお散歩へ。
春分の日を実感したのは、このほのあかるさ、日の長さだった。
b0175163_20291868.jpg

茶「楽しかった。」
by oak412 | 2012-03-20 20:29 | 日々のこと