茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

たまにだから。


その夕暮れは「来るな」っておもって、
軽川の土手に着いたとき、日は沈んでいた。
b0175163_14491957.jpg


茶「茶々の後ろは手稲山・・・・それが。」
b0175163_14493197.jpg


手稲山方面は南空。
b0175163_14494355.jpg


西空につづく雲は、
b0175163_14495234.jpg


どんどん色を変えていく。
b0175163_145016.jpg



真っ白のわんこのモモちゃんも、染まっていた。
b0175163_1450865.jpg



そのときの西の空。
b0175163_14501751.jpg



オレンジは、暮れゆくブルーに。
b0175163_14502567.jpg



しだいに飲み込まれて、まだ、短い夜に続くのだ。
b0175163_14503243.jpg

先週半ばの七時すぎの空。
毎日はたくさん重なっていくのに、
ごく、たまになんです。
こういう雄弁な空に会えるのは。
by oak412 | 2012-08-12 20:47 | 日々のこと