茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

茶々づくし

b0175163_22382873.jpg

茶々が幼い頃のお散歩は、宮の丘公園だった。

そのフィールドでの幼なじみ、
「西野のキムタク・隆樹くん」こと若さまのパパ、
爺やさまは、
「茶々の間」や「茶々の里」のブログにアップした
わたしのフォトを、月ごとに選んで下さり、
カレンダーにして、この季節送りとどけてくださる。

こんな風に、2006年版からはじまった

2007年版

2008年版

2009年版

2010年版からは、「茶々の里」に年末に紹介させていただいた、(たとえば、こんな風に


そう、わたしたちが宮の丘公園あたりからから、住居をうつしたあとも。
爺やさまと、奥さまの「若くんママ」は、
こうして、ずっと、わたしたちに思いをかけて下さっていた。


今年も・・・そのカレンダーが届いた。
b0175163_22292874.jpg
お礼の電話をしたら、
五月に逝った父のことや、函館の母のことも思いをかけてくださる。
その心を、ほんとうに、ありがたく、貴く、感じる。

毎年とどいていた茶々づくしのカレンダーは、
ここ数年父の病床の横にあった。
また、年末に帰省するとき、函館に届けるつもりだ。
こんどは元気な母のもとで、茶々のカレンダーは日々を重ねる。

おおきな励み 「茶々づくし」。
by oak412 | 2012-12-13 23:00 | 日々のこと