茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

ビター・ファイト!

ほろ苦い色合いのお花は
「枯れつつあるあじさい」で10月8日に撮ったもの。
b0175163_14455235.jpg


そんななかにも、みずみずしいあじさいもいて、新鮮でした。
b0175163_14461123.jpg


ここから、とても、ほろ苦かったお話。

日曜の夜、たまたまつけていたテレビで、
タレ耳でハウンドカラー、お目々ぱっちりの
ものすごくかわいい顔立ちなんだけど、
ものすごくスタイルのいい犬。

みため、ビーグルとボーダーコリーのミックスちゃんのよう。
しっぽのさきっぽもしろくてね(笑)

なんでも、NZヘディングドッグという種類だそうです。
「ストロングアイ」(めぢから)で狩猟するとか・・・・。
かっこいいね。

そのテレビにでていたわんちゃんは、
たった二歳にして、日本一の栄冠を勝ち取ったという、
最強のフリスビードッグです。

最強なのに、ものすごーく、めんこかった~。
b0175163_14493995.jpg

  ( ほかの子をめんこいめんこいというと、ちょっとフキゲンな茶々です~笑~)

その番組は「ほこ×たて」といって、

どんなディスクでも素早くキャッチできる犬
GOKOO(ごくう)&オーナーの福尾さん
VS 
絶対にパスを通すディスクの達人コンビ

の、「一回勝負」でした。



戦い本番になるまでの、どちらのパフォーマンスも、
すばらしく、驚きばかりで、ついアツクなってみていました。

ただ、戦いのルール、
ニンゲンがフリスビーを投げる場所はフリーなのに、
イヌがキャッチする高さが指定されていたようで、
これって、ヒト有利、犬に不利なルールだと感じました。

この予想に、結果がついてきました。


b0175163_14501388.jpg

枯れたなか、美しい水色を咲かせる


勝負には負けた犬GOKOOくんが、
(番組的には)敵陣営から、ディスクをわたされ、それをくわえて
オーナーに向かって走り戻るシーン。
ほろ苦かった~。

b0175163_14495979.jpg

茶 「なみだは上をむいてこらえよう。GOKOOくんはがんばったんだもの。」
by oak412 | 2013-01-23 15:03 | 日々のこと