茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

実録アートフィルター


「茶々の間」でアートフィルターの写りをみていただきましたが、
小さい画像なので、こちらでは大きくみて比べてみます。
                                       (じゅんこねえねえのために・・・・かな?)

まず、茶々が若く見える「ポップアート」
b0175163_237527.jpg

b0175163_2381857.jpg


それから、むずかしい、「ライトトーン」
b0175163_2391128.jpg

b0175163_239276.jpg


ズバリ!粗いモノクロ 「ラフモノクローム」
b0175163_2310614.jpg

b0175163_23102446.jpg


ノスタルジックな、「ディドリーム」
b0175163_23122133.jpg

b0175163_23124164.jpg


わたしが好んで使う「トイフォト」
b0175163_23132131.jpg

b0175163_23134322.jpg


ラストはやさしくはかなく・・・・「ファンタジックフォーカス」
b0175163_23141792.jpg

b0175163_23143891.jpg

                                 茶々、こんなん撮ったら、もう疲れちゃって・・・・・。

カメラのなかで、アートフルターあとがけできるオリンパス・ペン は、やっぱりいいな~・いいなぁ~!
                                               (買っちゃう?Kちゃん)
by oak412 | 2009-08-31 00:15 | 日々のこと

今日はこちらで

b0175163_033238.jpg

                光を拒否する積丹の海。光と溶けあう時間まで・・・・あと3時間かな。


きのうのブログで  「今日はこちら」で・・・と残しましたが、
「フォトパス」に投稿した「山犬と海女が行く」という組写真に
飛んでいけるようにしたつもりだったのです。

昨日は飛んでいたのですが、今日は、なぜか飛んでくれません。

なので、「茶々の里」に、似たような写真で組んでみます~!
そして、あらためて、「今日はこちらで」を、こっちの記事にリンクさせます(笑)



本当のタイトルは「山犬と海女が行く」 です。

積丹の「神威岬」の駐車場に着いたのが午後五時すぎ。
強かった太陽も海面上の雲に隠れそう、
ここの空は、まだ強く青を保ち、わたしたちをわくわくさせる。
b0175163_0305689.jpg

                        駐車場のおじさんに岬まで片道20分と聞、張り切って出発。

      「ゲートは七時にしまるから~。」
                                           「はーい、 いってきます~。」
b0175163_0295075.jpg


なんでかな?このときは そういうこと とは知らなかった。
b0175163_029816.jpg


そして、断崖絶壁の上にいるんだと、震える足を奮い立たせ(笑)
b0175163_0284331.jpg


茶々はアップダウンの道を張り切って走る、光る海に吸い込まれるようだよ。
b0175163_0281081.jpg


風に吹かれるエゾカワラナデシコ。 
b0175163_0273094.jpg


このへんで、もう汗はたらたらだし、呼吸も、きもち荒くなってるわたしを背に、
余裕しゃくしゃくの茶々・・・・・。 すれ違うひとたちに笑顔をふりまく。
b0175163_0264754.jpg


灯台まで遠いね。
b0175163_0261133.jpg

                                   こんなに歩いてきたんだ。
                                   ふしぎなくらい「明と暗」
                                   背後の山側は覚めるような青空なのに、
b0175163_0252182.jpg

                            晩夏の雲は厚くて、太陽のあるほうがこんなに暗い。
b0175163_024385.jpg

                                                 もう、ちょっとだ。

そしてたどり着いた。
b0175163_0231760.jpg


わたしたちを励ますように、灯台は雲を飛ばして見守ってくれていた。
b0175163_0221091.jpg


                                     
                            ちなみに、このまとめ方と違い、
                            「フォトパス」はラストをおふざけトーンでまとめてます。
                            「フォトパス」バージョンへは、
                            このブログの右のリンクから行けます。
                            そして投稿写真を探すをクリックして、
                            タイトルで検索できるとこで
「山犬と海女が行く」といれていただけばOK!
by oak412 | 2009-08-30 00:43 | 風景

愛は岩に姿をかえて

茶々 「 ねえ、その灯台のむこうにあるんでしょ。」
b0175163_228381.jpg

        今日はこちらで ← クリック わたしと茶々の大冒険をお楽しみください。
        そして、お気に召したら、ぜひぜひ、応援の一票、清き一票を!プリーズ!


ゆた 「あったよ。 義経を深く愛した女性の化身」
b0175163_2273875.jpg

                                                     神威の岩


☆以下、積丹観光ウェブサイトから抜粋☆

神威岩伝説
神威岬の先端にある神威岩の伝説です。
奥州からひそかに逃れた源義経は、日高の首長のもとに身を寄せ、
首長の娘チャレンカは義経を強く慕うように。
しかし、義経は北へ向かって旅立ち、後を追ってチャレンカも神威岬までたどり着きます。
ところが、義経一行は既に出帆してしまい、
チャレンカが大声で叫んでも、折からの強風にかき消されて届きません。
悲しみにくれたチャレンカは、
「和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち覆沈せん」と
恨みの言葉を残して海に身を投げてしまいました。
その姿がやがて岩と化したと言い伝えられているのが神威岩です。
以来、女性を乗せた船がこの沖を過ぎようとすると必ず転覆したため、
神威岩はかつて女人禁制の地となっていました。


b0175163_22281188.jpg

            強い海風に吹かれていたこのブルーのお花、愛の化身の涙のつぶのようでした。

b0175163_22301847.jpg

                                        涙をいっぱい吸った海だったんだね。
by oak412 | 2009-08-29 00:05 | 風景

気まぐれに・・・・・。

ポピの丘を通過して、稲穂峠から、共和町へ、
そして「かかし祭り」に繰り出すはずだったわたしと茶々。

     キロロを通過したあたりで、「羊蹄山をまともにみたい!」に気分のベクトルがむいちゃった。

                   これはポピの丘のりっぱな馬小屋の屋根とその日の青空なんだけど・・・・・。
b0175163_2053784.jpg

                      こうも青いと、これはどこまでもつづいてるはずだと、思ってしまう。

そして、左へ左へと標識のたびにハンドルを切り、倶知安町へと・・・・・むかった。
b0175163_2056391.jpg

                                ちょっと雲が出てきたな・・・・・、
                                羊蹄山とニセコの山々が見える位置を決め、停車。
茶々には待機してもらって・・・・・
b0175163_20575216.jpg


                                         正面のニセコの山が美しく・・・・・。
b0175163_20585327.jpg

でも羊蹄山は、
b0175163_2059476.jpg

                              帽子を被って、すこし恥ずかしそうにしていました。

すこし角度をかえて、
by oak412 | 2009-08-28 00:15 | 風景

全方位ブルーの朝


どうも、茶々です。
8月26日の朝、札幌市手稲区稲積地方茶々番地は全方位ブルーの晴天だった。
だけど、ゆたは、トイフォトモードを駆使するときめていたようで・・・・・。
b0175163_22564562.jpg

                                近所の美容室の前の寄せ植えを、暗めに写す。

イキイキ咲いてるお花も、トーンを抑えて撮る。
b0175163_22523628.jpg


マンションの横のナナカマドさえも、ダークな味つけをする。
b0175163_22504782.jpg


赤い花は、このくらいじゃないと、朝から目がびっくりするからさ・・・・・
b0175163_2250015.jpg


そんな勝手なことばっかりいって、
b0175163_22494212.jpg


                                 全方位ブルーの青空を、まったく無視するへそまがり。

b0175163_2253299.jpg

                                   これでもかって、えんえんと青空は無視してる。

b0175163_22535237.jpg

                   このあいだまで空みて、ため息、そして青空欠乏症だよっていっていたくせに。
by oak412 | 2009-08-27 00:07 | 茶々

走る茶々

春、ゴールデンウィークに来たときは満開の桜だった五稜郭公園
夏休みにきてみたら、ナナカマドの実が朱く染まっていました。
b0175163_22351877.jpg

                               五月は五稜郭タワーも桜に映えていました。
                                  
b0175163_22292329.jpg

                             五稜郭タワーの「今昔物語その1」  「今昔物語その2」 
                              ↑ 昔の「茶々の間」に古いタワーのことが・・・・・  ↑



だれもいないことをいいことに、茶々は走ります。
b0175163_2230402.jpg


ときには、おもいきりバンクして、
b0175163_22315829.jpg


「野外劇」の舞台のあたりでは、エンジン全開、縦横無尽、
b0175163_22324246.jpg


全身は、もう、はずむバネのよう
b0175163_22331973.jpg


伸びて縮んで、走り回ります。
b0175163_22335715.jpg


ほっと一息には、草をはんでクールダウン。
b0175163_22344125.jpg

by oak412 | 2009-08-26 00:55 | 茶々

ポピの丘


青空欠乏症を、一気に解消できそうな土曜の午後
b0175163_19555428.jpg


毛無山からキロロに着く、ちょっと手前観光牧場(?)の屋根と空
b0175163_19562518.jpg


名物のソーセージは、今日、いったい何本売れたかな?
b0175163_19565080.jpg


いちおう「牧場」だからね、おおきなお馬さんもいるし、
b0175163_19573113.jpg


やぎさんがいて、
b0175163_19581495.jpg


ビーグルも三人いて、こちらはクリンくん。
b0175163_2052170.jpg

                 ビーグルのうちの女の子はお腹が大きくて、とても神経質になっていた。
                 台に登っていたらその子に怒られるように吠えられて、びっくりの茶々。
b0175163_2063015.jpg

                                                あわてて、台を降りた。
by oak412 | 2009-08-25 00:05 | 風景

パンチ・最高!


ステキ・パンチ氏宅で、カレのお誕生日のお祝いBBQ。
b0175163_2215078.jpg


キリンビールさん、パンチ宅と同じE市にビッグな工場ありますよね。
がっつり貴社のウレスジ出しときますから、パンチ家に、なにかお祝いを送ってあげてください。
b0175163_22153064.jpg

                        あっ、「一番絞り」でいいそうですよ(笑) 遠慮せず、どーんと!


      でね、ワンコたちが・・・・・また、なにか話してます。ちょっと耳をかたむけてみますね。

ティン「ねえ~、いいのかな~?」
b0175163_22233679.jpg


パンチ「それは、やっぱマズイ。」
b0175163_22242366.jpg


茶々「でも、きっと、ぜんぜんわかってないもん~。」
b0175163_22245720.jpg


ビッチュ「なに?なに?なーに?」
b0175163_2225319.jpg


ティン「入らないでって書いてるから。」
b0175163_22255328.jpg


ビッチュ「もう、入っちゃってるし・・・・・。」
b0175163_22261811.jpg


パンチ「ビーちゃんの耳に免じて、いいことにする。」
b0175163_22274534.jpg

                                ティン「そういう、パンチ氏のお耳もすごいよね。」
b0175163_22282019.jpg

                                        茶々「お尻も、なかなかいいよ。」

パンチ「そう?いい?いけてる?」
b0175163_22295533.jpg


サンニン「いいかも~!」
b0175163_22303576.jpg


パンチ「そっぽむいて、いうな~!」
b0175163_22311116.jpg


茶々「良き日なんだから、パンチ最高!」
b0175163_22314356.jpg


ティン「そういうこと!」
b0175163_22345362.jpg


ビッチュ「そういうことよ!」
b0175163_22353130.jpg


サンニン「パンチ、ほんとうに、おめでとう!」
b0175163_22425256.jpg

                                                パンチ「ありがと!」
by oak412 | 2009-08-24 00:15 | 日々のこと

小樽の街と海と空


「毛無峠」からみてみました。
b0175163_0131678.jpg



正面、観覧車・・・・・、すごく遠いな~。
b0175163_0134758.jpg



むかって右・札幌・石狩方面。
b0175163_0141790.jpg



小樽の町並み。
b0175163_0191944.jpg

                             海から空へ、雲へとブルーのグラデュ、すごかった~!
by oak412 | 2009-08-23 00:20 | 風景

ポップ de 夕焼け

久しぶりに、夕焼けに間にあって 茶々とお散歩ができた。
b0175163_2001699.jpg


b0175163_19593312.jpg

          以上は、E-30 アートフィルター・ポップアートで撮した「劇的」ニュアンスのもの。
          うーん・・・・、わたしは加工されたかんじのこれらは、なんだか目に痛いくらいだなぁ。

こっちのAモードのほうが、しっくりくる。
by oak412 | 2009-08-22 00:15 | 風景