「ほっ」と。キャンペーン

茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

行きたかった場所のこと


                                                      茶々はいう、
b0175163_1451328.jpg

           さっさと、ぴぴちゃん(わたしの母)との旅行の記事をアップしていかないと、
                   また、ハコダテに帰る日が来ちゃうよ・・・・と。



                  そうだ、うっかりしてると月日がたちすぎちゃうね。
                  初日にわたしがいきたかった場所もいったこと、
b0175163_1455316.jpg

                   旭川の町を望む丘に展開する施設です。
                当然作品は写してはいけないので・・・・・建物を。
                       この建物は雪の美術館です。

                 この施設は3館のうちのラストに見学しました。

                     わたしの感動は、その前に見学した
             「国際染織美術館」と、いちばん見たかった「優佳良織工芸館」
           で、ピークだったので、「雪」のほうの記憶が、実はあまりありません。

                   「ユーカラ織り」の表現の豊かさに、緻密さに、
               その色彩の奥深さ、ココロを包み込むあたたかさに・・・・
              母と、ゆっくり時間をかけてまわれてよかったと思いました。




                     
              受付のテーブルには、優佳良織のお着物のかわいい日本人形が。
b0175163_1451451.jpg

            これは撮影OKだったので、ココロをこめて、かわいく、撮ってみました。


           数多く展開される優佳良織のテーマで一番好きなのは、クロユリです。
                       優佳良織のテーマはコチラから・・・・
by oak412 | 2010-09-30 00:58 | 日々のこと

むず・たのしい・かなっ!


b0175163_15494445.jpg

                     今年の夏は、とっても暑かったから
                     「余市」のトマトは、とっても甘くておいしいそうです。
                     茶々は、甘いトマトに大満足~。
                                        で、お留守番~!

 ↓ コンデジで、粗いFOTOですが・・・・
by oak412 | 2010-09-29 08:00 | food

秋・染まる空


     全方向・・・壮大に夕焼けが。
b0175163_2151435.jpg




                  3年前には、ほぼ毎日のぼっていた「丘」の上の公園で。
b0175163_2152115.jpg





                            茶々も、焼けてます。
b0175163_21521514.jpg





                  まだミドリのもみじも、うっかり紅くなりそうです。
b0175163_21522925.jpg




                    オレンジ系からグレイ系ダークピンクへ・・・・。
b0175163_21531181.jpg




                もうあとわずかの瞬間を撮していた方のFOTOもみたいな。
b0175163_21541335.jpg




               上の男性がここに来る、つい二分くらい前は、こんな感じでした。
b0175163_21553976.jpg

                  札幌市西区宮の丘公園で、9月25日の夕暮れです。
                    お散歩のお供・オリンパスペンライト大活躍。
by oak412 | 2010-09-28 00:01 | 風景

ひろがる・ひまわり



                    昨日のダリアは、オリンパスペンライトに、セット販売の標準レンズ。
                    今日more前のひまわりはオリンパスE30に、セット販売の標準レンズ。
                    どちらも、アートフィルターなし加工もせず「素」でアップ(笑)
                                 晴れの日は、写りがひとあじちがいます。
                           

                   じゃ「ひまわり」を、麓郷から富良野市街にぬけるちいさな峠の手前で。


    この一輪の背後は
b0175163_1611389.jpg


          広大なひまわり畑でした。
b0175163_16111742.jpg

               あるテレビ局のハイビジョン特集で「美瑛で農業を営む家族」が、
               一年間取材されて出来上がった番組のウケウリですが、
               このひまわりは「観賞用」ではなく、ここで刈り取って土に返す、
               すなわち畑の肥料にするために育てられているそうです。

茶々は、疲れて。
by oak412 | 2010-09-27 08:50 | 風景

ダリアに酔う朝



          お散歩に、外にでた朝7時すぎ、茶々地方は小雨がぱらぱら降ってきた。
          北のほうの空が明るいことをサイトハント、
          じゃ、いっちゃおう~! そろそろピークなはずのあのお花たちを見に行こう!
          札幌市北区の「百合が原公園」にワープしてきました。
b0175163_12381364.jpg




          通称・ダリア園、
b0175163_12384134.jpg

                             これでもかっていう種類のダリアの競演。
                             花酔いしそうな雰囲気でしたよ。


          なかでも、わたしの目を引いたのは、このダリア
b0175163_12392845.jpg

                                          目玉焼きみたい~!



          かのナポレオンのお后さまジョセフィーヌさんが
          こよなく愛したお花が「ダリア」なんだそうです。
b0175163_12405620.jpg

               青空に映えるダリア、花言葉は「エレガント・華麗」・・・・たしかに~。
by oak412 | 2010-09-26 12:48 | 日々のこと

また、雨上がりだった。

              
              わたしたちの部屋には、秋の小旅行・二日目・雨上がりの「彩香の里」で
              母からのプレゼント ラベンダーのドライの花籠が ほのかに香っている。
b0175163_2331799.jpg




              九月の連休、母とのドライブ旅行で立ち寄った「彩香の里」
                                         「さいかのさと」と読む。 
b0175163_17222689.jpg

            この看板はそのときも見た。なのに・・・・・。
            そもそも、わたしの名前は「由香里」だというのに、
            「香」も「里」も、どっかに吹っ飛ばして、この丘を、
            「彩の丘(あやのおか)」というだと・・・思いこんでいた。 (苦笑)

            
            そう、七月のなかば、毎年恒例、富良野のラベンダーをみよう!と 
            茶々をたたき起こし(笑)早朝のワープで富良野に来た。
            三笠のまち経由のドライブ は 快適~!
            だけど ハイランドふらのさんの手前 でどしゃぶり。

            ここ「彩香の里」あたりで、
            富良野の空は、これから「暑くなるぞ」、そんな勢い。
            垂れ込めていた雲がどこかに流れていく中にいた。
            ここで、韓国から自家用車でわたってきて、
            ひと夏を北海道で過ごすという40siさんご夫妻に出会ったのだった。
b0175163_17224821.jpg



         はたして、茶々は記憶しているんだろうか?
b0175163_17232083.jpg

                              すっかり枯れているラベンダー畑であっても・・・・・



               お二人に、「かわいい・かわいい」と、やさしくされたあの朝を。
b0175163_1723643.jpg




           あの日のまぶしいくらいのこの丘の様子を  ( ↑ この丘と同じ場所の7月 )
b0175163_23324733.jpg




         ここには、なぜか「雨上がり」に訪れる巡り合わせだ。
b0175163_17233211.jpg

                           そして、ここの秋の「雨上がりの質感」・・・・格別だった。
by oak412 | 2010-09-25 00:03 | 風景

ANGE éternel


        秋分の日の朝のこと。 函館の親友からメールが入った。
        それには、大切な天使が逝ってしまったと・・・・。

                        天使のエピソード その1   天使のエピソード その2 
b0175163_21441710.jpg


         なりゆきで、わたしが名付け親になった、かわいいアンジエ。
         満月の夜、静かに息を引き取った。

 
               アンジエを通して、親友とそのだんなさんの大きな愛を知った。
               アンジエを通して、捨てられたものの心のキズの深さを知った。

                       にぎやかに彼女の家におじゃましていたわたしたちを
                       いつも、クールに迎えてくれた。

                       親友夫婦と先住ネコたちと、
                       そこの家にきてからは、ずっと幸せだった。
                       その様子に、わたしたちも、とても満たされた。

               
                                            アンジエ、心の奥にいつも一緒。
                                            あなたは、永遠の天使。 

                                                      ANGE éternel

かわいいアンジエ
by oak412 | 2010-09-24 00:03 | 日々のこと

2010 中秋の名月


   名月・・・・秋の明るい月・・・・明月とはこんな月
b0175163_21312425.jpg

                            わが家ののベランダで撮ったときは、雲がなくって、まんまる。


調子に乗って、クルマを走らせ新川の土手に行ってみたら・・・・・
b0175163_21313953.jpg

                         30分くらい待ったけど流れる雲がかかってばかり・・・・残念な様子。



                            今夜は、冷え込みすでにキツく・・・・。 土手で寒さにしびれた。
b0175163_2147245.jpg

             あたたかい部屋に帰ると、その瞳を満月くらいまんまるくして、茶々はおやつをおねだり。
by oak412 | 2010-09-23 00:03 | 日々のこと

赤シャッポ


             わたしは、よくハナウタしてる。

                    そのオハコには、とても古い歌だが、
                    北原ミレイさんの「石狩挽歌」がある。

                    その歌詞の冒頭を、いまのいままで、

                   ♪ ゴメが鳴くからニシンが来ると~、
                       赤いシャッポのヤン衆がさわぐ~♪

                                   だと思い込んでいた。
  

b0175163_1617419.jpg

                   (美瑛・ジャガタラ農道で、茶々がみつけた。)



                  「シャッポ」 それを祖母の言葉で覚えた。

                  幼い頃、たぶん4歳くらい、
                  まだ南茅部(みなみかやべ)(現在は函館市)で、
                  母は地元の小学校の教師の仕事をしていた。
                  母のかわりに、わたしの面倒をみてくれていた祖母が

                 「 ゆかちゃん、寒いから、シャッポかぶっていきなさい。」

                 「 あれ、シャッポ雪だらけ・・・・そんなに降っていたの?」

                           そう、シャッポは、帽子のことだった。



                   そして、いつしか、耳覚えの「石狩挽歌には
                        「赤いシャッポ(帽子)のヤン衆が・・・」と
                            歌われているのだと疑いもしなかった。


                今日のフォトをアップするのに、
                石狩挽歌でも「赤いシャッポ」って歌われてます・・と
                書き込もうとおもって、あらためて、 ここで歌詞検索 
                なんと、シャッポは私の長い間の聴き間違いで、
                正確には「つっぽ(筒袖)」で、
                これは、「はんてん」のようなものだった。



                   「石狩挽歌」
                聞いて、歌って、思い描いていた「絵」とぜんぜんちがう~(笑)




                で、ふと思った。
                祖母の使っていたことば、「シャッポ」ってなんだ?と。

                調べたら、フランス語で chapeau 帽子のことだった。

                な、なんと、あの祖母は・・・・・ハイカラなヒトだったのか?




                話しがながくなっちゃって、
                やっと、このフォトにたどり着きました。
b0175163_16171912.jpg

                美瑛・ジャガタラ農道で茶々が見つけた赤シャッポは、
                赤い屋根のサイロ、秋色とうもろこしの畑の奥にありました。
by oak412 | 2010-09-22 18:05 | 風景

効かせてます!


                    旭川は・・・・あの動物園が有名ですが(笑)
b0175163_1652089.jpg

               博物館とか記念館とか、いろいろよりどりみどりな街です。


               9月18~19日・美瑛一泊旅は、旭川からのアプローチ、
               母のたっての希望で三浦綾子記念文学館に行くことにしました。
b0175163_16522687.jpg


                旭川には、お昼ころについたので、道の駅で、
                シンプルな「旭川ラーメン」を食べてから、
                そこに向かうことに・・・・・

                この道の駅でもらった、
                距離感覚がトンチンカンな、ヘンな地図、
                これ、まったくあてにならない かんじ、 
                これじゃ、ぜったい 迷いそう みたいな (笑)

                わたしは「勘」を効かせて・・・・
                なんだ道の駅のすぐそばにあるじゃんと、発見。

            

                クルマの中、母娘の会話

                わたし「あの、継母の壮絶な継子いじめの小説書いたヒトだよね。」
                母  「ちがうよ~。それは、原田康子さんの小説じゃない?」

               ・・・・あれ? そうだっけ?
                  まぁ、母が言うのだから、わたしの間違いなのか・・・・って、
                        今日調べたら、それ、まちがってなかった~。 
                     
                       母も74歳・・・勘違いもはなはだしいこともある(笑)




              そんなこんなで、はい、着きました~。
b0175163_16524370.jpg




                   その記念館・建物に入っていこうと意欲的な茶々。
b0175163_1742895.jpg

                   でも、ここからは、ぴぴ(母)がひとりで、館内見学。
                   わたしたちは、このそばの「林道」をお散歩する予定。
                   それはなかなかの林っぷりうっそうとして、いいかんじなんです



     ゆ 「さ、外国の樹の見本林に、お散歩行こか~!」
     茶 「ちょっと、待って~。 なんだか、いい匂いが す・る・の。」
b0175163_16535023.jpg




           茶 「ここだ。 ここここ。ここが匂う~!」
b0175163_16541047.jpg

                   記念館、前の木に、いまにも登る勢いです。


    

               あんまり嗅ぐので、なんだろう?と まわりこんでみたら、
                    そこの木には小鳥のための餌台があって、
b0175163_1654263.jpg

                 茶々も大好物のパンの耳がたくさんあったのです。




       効かせています ね、旭川でも、その鼻を・・・・ 
b0175163_170946.jpg
 
                                茶 「あったりき~!」
by oak412 | 2010-09-21 21:08 | 茶々