「ほっ」と。キャンペーン

茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

すこしでも、ながく。



遅咲きの八重桜のなかでも、
その花びらの重なりの豊かさにみとれてしまう「フゲンソウ」が、
b0175163_146381.jpg




函館山の麓の公園あたり、
5月25日(金)の朝は、まぶしく晴れわたるなか、
b0175163_1464887.jpg




「こっちへおいで、花見においで」と、
無風にちかい空気のなか、そっと揺れていた。
b0175163_1417788.jpg





21日、父のカラダが焼かれて、空に昇っていった。
時刻こそちがうけれど、おなじように青の空。
b0175163_1475057.jpg

花の季節に逝った。
父が大好きだった「服部克久さんの音楽」
そのなかから、わたしの気持ちを代わって表現してもらえるとしたら、
花想い ~服部克久さん、「音楽畑02より」CM 「すこし愛して、ながく愛して」のバックの曲。
大好きな春の終わりかけの花の季節にいった、
すこしでもながく存ってほしかった・・・・父へ。




茶々は、
この公園では、なぜなのか、ずっと港のほうを気にして、
そっちを見ているようでした。
b0175163_14104135.jpg

by oak412 | 2012-05-31 13:20 | 日々のこと

愛しい花を


いまの棲家、稲積公園あたりに移ってきて、三度目の五月。
この地で、お散歩中に、この花を知り、
b0175163_14103795.jpg

いまや、好きな花トップスリー入りしているのが・・・・・

茶々「この木に咲く花です。」
b0175163_1341784.jpg



このお花は姫林檎の花です。
b0175163_13414529.jpg



つぼみはこの色・・・白っぽくないのに。
b0175163_13422627.jpg



咲くとごらんのとおり。
b0175163_13425383.jpg



茶々はわたしのとっている間、ずっと待っていてくれました。
b0175163_13433198.jpg


と、ここまで書いて・・・・
by oak412 | 2012-05-19 13:13 |

明日あたりから・・・



どうやら、明日あたりから、
ぼちぼち 気温が高くなるようですが・・・・・
b0175163_1445819.jpg




連休後半から、ずっと、毎日のように
肌寒いを通り越して、「寒い」日々でした。
b0175163_1443638.jpg




朝も、曇りの日が多くて、
日中は、風が強くて、
陽射しがつよくても、暖かくはは感じない、
b0175163_1444995.jpg




そんな日々だったけど、
明日からは、しばらく、
晴れが多かったり、あったかかったりするようで、
ちょっと、うれしい。な。
b0175163_1442046.jpg


今日のフォトは、そんな寒い日々のなか、
比較的よく晴れた朝に撮影していたもの。
「影」が「シルエット」が、くっきりとしたので、
レタッチで強調してみました~(笑)
by oak412 | 2012-05-16 14:08 | 日々のこと

お花のように・・・!


お散歩コース、風にゆれる「スノーフレーク」
b0175163_14522439.jpg





風に左右され、お花の配置がうまい具合でないことが多かったりで、
b0175163_14523921.jpg

写すのが困難なお花ですが・・・・かわいくて、大好き。


こんなふうに、茶々とお散歩中、みかけたお花を写すことが、楽しみのひとつですが、
茶々といえば、お散歩が中断するので、それは我慢の時間になります。



お花とおなじような角度で「うなだれて」みたり。
b0175163_1454303.jpg




「茶々も撮っちゃうよ!」と 声をかけると、すっぱい顔をしたり。
b0175163_1455189.jpg




お散歩でみかける花、そして茶々、どっちもかわいくて、大好き!
b0175163_14533878.jpg

by oak412 | 2012-05-14 14:55 | 日々のこと

色白さんたち


近所の「中の川」と「軽川」は、おのおのの土手に
各種のサクラが植わっていて、
第一弾の千島桜や染井吉野、
そして蝦夷山桜たちは散ってしまったけど、
いまは「南殿(ナデン)」や「天の川」・・・
これから「関山(カンザン)」と咲きます。

わたしの「サクラ狂」の季節は、まだまだ続きます。

サクラのまっさなかなのに、
今朝の散歩では リラ(ライラック)や ひめりんごも
いまにも咲きそうに準備中と確認しました。

この週末も、お散歩のついでに見上げて
『樹や花を撮る』に忙しくなりそうです。




茶々も見上げています(笑)

バッグは「色白の桜」です。
おとといの朝のお散歩でみかけた、近所の公園の桜です。
b0175163_1348428.jpg



風がない朝だったので、写しやすい~!
b0175163_1349784.jpg



つぼみも「色白」さん。
b0175163_13491475.jpg



花のうら側からみても、美しい~!
b0175163_13492361.jpg




色白・茶々と、色白サクラ、堪能していたら・・・・・
b0175163_13514398.jpg

っっっと、その様子を、見られていました!
おなじく、サクラ・フリークなエリさんとシバキチちゃんにっ!(笑)




今日は色白シリーズ激写していたので、
いいところにキテたね、色白のシバキチちゃん!
b0175163_1353975.jpg

いちまいいただきました!




茶々とサクラを撮っていたあたりでのシバキチちゃんとエリさん。
b0175163_13532216.jpg

思い出になる、よいフォト、ゲットできたかな?



やっと、OLYMPUS OM-D E-M5 を使えるようになりました。
レンズはセットでくっついてきたM.ZUIKO DIGITAL ED12-50mm

by oak412 | 2012-05-11 14:08 | 日々のこと

Spring Ephemeral Ⅱ


このお花の名前、「エンレイソウ」というと、
このお花がさいていたお庭の女主人に教えていただきました。
b0175163_16412518.jpg




「エンレイソウ」
調べてみたら、それは薄紫のお花らしく、
これは「深山延齢草」らしい・・・・・
~ この仲間は毒草だが、使い方しだいで薬にもなる。
食べ物を吐き出させる効果がある。
昔は食べ過ぎや食あたりになった人に 根を煎じてのませたらしく
それで命拾いしたから「延齢草」となったという説がある・・・・とのこと。
b0175163_15471970.jpg




先日アップした「Spring Ephemeral」、その仲間にしてしまいました。
黄色いカタクリの横の、はかなげな雨にうたれて、うなだれていた白い花。
いくつもの命を救ったかもしれない歴史のあるお花でした。
b0175163_15452447.jpg

by E-30  
+ズイコーデジタルED50-200mm F2.8-3.5SWD
+ズイコーデジタル1.4xテレコンバーターEC1.4




お散歩前に、大きめのカメラに、大きいレンズを準備していたら、
茶々は、胡散臭そうな顔して、玄関のあたりで仁王立ちしてました。
b0175163_15435867.jpg

茶「お花ばっかり気にして、茶々のことオザナリになっていない?」


そんなことはないのだけど、お散歩中に何かを写してるとおもしろくないのだろうか?
でも、カメラをむけると「プイ」と横をむいちゃうことが多い茶々なのです。



 
by oak412 | 2012-05-10 20:56 | 日々のこと

サクラトンネル


「いよっ! おふたりさん、オレについてくるかい?」
チャリのおじさまの背中から、そんなセリフがきこえてきそう。
b0175163_1436471.jpg

5月3日早朝曇天 ・・・・・函館のサクラトンネルで。

函館「桜ヶ丘通り」を三日つづけて・・・・撮っていました。
by oak412 | 2012-05-09 21:37 | 日々のこと

雨と一晩のおかげさま・・


カリーの温め直しは、食べる分を食器にいれて、チンするので、
食器のなかで沸騰した感がありありのフォトですが・・・・(汗)
b0175163_17372163.jpg

これは、雨のGW、おかげさま・おぼろ記憶の レシピでつくったカリー。


雨で、遠出をあきらめた日の午後、
ふと、テレビの料理番組で流してみていた記憶をもとに
なーんちゃってでつくってみたカリー。

なにしろ、見流していたので、メモなどはなく、
おぼろ記憶をたよりに、それ風に・・で 再現。

ただ、その番組でみたレシピには、
ゼッタイ入っていなかった(と確信の)
「ドライプチトマト」をいれたのが、わたし風。

一日目には、ただすっぱ辛かったカリールーが、
一晩おけば、ドライプチトマトからの甘さがほんのり加わって美味となりー。

作り方
1 つぶしたにんにく一片、
  半分に折り種をのぞいた唐辛子一本、
  ローリエ一枚、
  以上を、弱火であたためたオリーブオイル大さじ二杯で、ゆっくりじっくり香りだして。
2 その香りのついた油で、
  黄パプリカ一個、ピーマン二個、長なす一本、適当にざくざく切っていれて、炒めて。
3 炒めた野菜にカレー粉小さじ2杯をくわえてまぶすようにして、さらに炒め、
  半分に切ったドライトマトを6粒、白ワイン大さじ2杯ほど加えて。
4 さらに、缶とかレトルトでいいので二・三人分の市販のミートソースをいれて、
  水分をテキトーに足して、弱火で10分ほど煮るのだ。
(調理はフライパンでOK)
これで、出来上がりなのですが、
食べてみたら・・・・・、出来たては
唐辛子の辛さやワインの酸味が立っていて、ただただ すっぱ辛かった。
一回冷まして、温めなおしたら、味がまとまって、おいしかったです!


まさに「一晩ねかせたカリーはうまいの法則」(笑)
b0175163_17375078.jpg

魅惑の香りに つい茶々も お手をしちゃって。


そうそう、ここまで書いて、あの番組って、HP?あるかも? と 検索。
さくさくさくさく。
ビバ! そのカリーの本当の作り方をみつけたのだ!
これこれ!
この番組の5月4日のレシピをどうぞ。


つぶやき。
そうっか・・・・。
ズッキーニ入りだったのか・・・。
記憶になかったはず。
だってウチは、ズッキーニは、デイリーユースではないし(笑)、
「真夏」のお安いときに、このレシピどおりに、つくってみようっと!
by oak412 | 2012-05-08 21:43

Spring Ephemeral Ⅰ


Spring Ephemeral

春の蜉蝣・・・春の妖精・・・。



早春、他のお花にさきがけて、花を咲かせ、
その周囲の木々や草が緑をつけるころに、
その姿をけしてしまうお花たちを、
Spring Ephemeralと呼んでいるそうです。



ゴールデンウィーク明け、雨上がりの朝。
ゴールデンカラーの・・・色は豪奢だけれど、その姿は華奢な春の妖精は。
b0175163_17233627.jpg




キバナカタクリ。
b0175163_1723578.jpg





先日「春の三重奏」をみつけたお庭に、咲いていました。
b0175163_17241211.jpg





今朝は、ちょうどその家の奥様にお会いできたので、
写真をとらせていただいていることをお話して、
キバナカタクリのほか、「春の蜉蝣、春の妖精」をあと二種類ほど撮らせていただきました。
b0175163_17242385.jpg

わたしの妖精、茶々とのお散歩は、
豊かな想いを授けてくれる、貴重な時です。


by E-30  
+ズイコーデジタルED50-200mm F2.8-3.5SWD
+ズイコーデジタル1.4xテレコンバーターEC1.4
by oak412 | 2012-05-07 17:28 |

警報・注意報に泣き寝入り

b0175163_11224734.jpg


ゴールデンウィーク後半を函館で過ごしています。

昨日の午後から、天気予報通りの悪天候で、
波浪、大雨、強風、
融雪、なだれ、洪水、濃霧、
これでもかというラインナップで、
気象に関する警報と注意報がでて、
余儀なくインドアで過ごしてます〜。

茶々は、ストーブと向き合っています。
茶々的には、異常にあたたかった札幌から、
車で運ばれた函館は、
警報・注意報にはないけど、低温警報なのかもね。
by oak412 | 2012-05-04 11:22 | 日々のこと