茶々の里

oak412.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

グレイの空にブルーなハート

4月がもうすぐ終わります。
b0175163_17435854.jpg



4月は、茶々の誕生日やわたしの誕生日で、
たのしいことがつづきました。
たくさんの人、愛しい人に、かけがいのない人に
こころからのお祝いをしていただいて、
ほかほかと、とてもしあわせでした。



茶 「なのに、このところ、青空不足で、ゆたの気分は、めっちゃブルーなんだって。」
b0175163_17451240.jpg




そうだよ、ブルーなんだよ。
でも、こういう場合、
なんで気分がグレイという表現しないんだろうね。
b0175163_17452437.jpg

「真っ青な空不足が続いて、気分がブルー・・・・。」
なんだか、ジョークみたい。
by oak412 | 2013-04-30 20:26 | 日々のこと

まずは前半、雨と風と寒さに。


ゴールデンウィーク、前半がすぎようとしています!
b0175163_11391610.jpg



前半に、窓掃除、窓みがきしようと、心に決めていたけど、
冗談にならないくらいお寒くて、雨風がつよかったので断念。
b0175163_11394575.jpg



せっかく咲いていたチオノドクサ
 ☆ ギリシア語のチオン(chion:雪)とドクサ(doxa:輝き・栄光)の2語からなり、
   雪解けの頃に 咲いている姿を発見されたことにちなみます ☆

あまりの寒さに「写欲」もさえず、チヨドノクサにもそっぽむかれちゃった(笑)
b0175163_1140553.jpg



茶々は、白い手足を泥だらけにしてご近所のお散歩と、
朝食の横取りに、ひたすら楽しみを見出してます。
b0175163_1144074.jpg

窓掃除断念のぶん、読書がすすんだ~!
前半は、飲食の約束が多く、いろはにほへとでのたのしい宴会、
ノースコンチネントでのハンバーグ祭り。
今日は、これから朝里川温泉へ。

お天気が良ければ、もっとよかったのに、
なんだか心が、ただただ、だらだらしてるような気がします。
by oak412 | 2013-04-29 11:30 |

Belle Fleur Puschinia


かわいい、プスキニア。
このお花は、とてもちいさい。
わたしの、小指の爪の大きさくらいだ。
b0175163_15263217.jpg



雪溶けたら、とたんそこに咲いていると発見するスノードロップに次いで、
b0175163_1527448.jpg



わたしにとって、春の到来を感じさせるお花。
「可憐な春の妖精」なのです。
b0175163_15272330.jpg

稲積に越してきてから、春の度に注目してきました。 ←クリックしてみてね!
お花の名前は「プスキニア」といいます!



茶々の鼻先は、そこにある「プスキニア」より、
b0175163_15322121.jpg



小枝についた仲間からのお便りに集中。
b0175163_15323722.jpg

by oak412 | 2013-04-24 22:17 | 日々のこと

霞の夕空。


午後6時すぎ、仕事の帰り道に、「共栄橋」から、
霞んだ空に、紅の夕陽がぽっかり浮かんでいた。


チャンス!と おもった。


茶 「せかされて、走って走って、軽川の土手まで来たよ!」
b0175163_1952272.jpg

(ごめん、ぶれちゃったね、茶々)


茶々と、がんばって走ってきたけど、
共栄橋からみた、紅の夕陽、おおきな夕陽は、
ものの6分後には、あたりにありゃしません。


沈みきってました。
b0175163_1953374.jpg





茶 「雪解け水で川幅が広がってる。 夕陽の残赤が、川面をにわたってる。」
b0175163_19545344.jpg





振り向けば、東の空に、ゆっくりと月が昇っていた。
b0175163_1955265.jpg




くううう。
わたしは「紅の夕陽」を撮りたかった。
b0175163_19561198.jpg

くううううう。
霞んだ夕空や、八重桜の木じゃないのに。

まぁ、これはこれで今日のことです。
この夕陽よりくっきりと大きくてもっと紅だった夕陽

受け入れるといたしましょう、この残念な気持ち。
by oak412 | 2013-04-23 20:04 | 日々のこと

母の愛・リメイク!


母から届いたお花は、ちょうど1週間、よい状態でした。
ドライでも残せるお花をより分けて、トピアリィ風に花瓶にうつしました。
b0175163_236066.jpg




カメラを向けると目をそらすくせに、
フレームインはしたいのかしら、
お花の向こうから動かない茶々。
b0175163_2361176.jpg




ハイキーにめいっぱいひぱって写したら、
窓からの光に、茶々は溶けるようにあわく存在してます。
b0175163_2362251.jpg




また、カメラをむけると、微妙に目をそらしてます。
b0175163_2363397.jpg




もともとはこんなデザインでウチにとどけられたお花。
b0175163_2364845.jpg

ワインカラーのたくましい印象のダリアと、おなじくワインカラーの二輪のカラーが・・・・唐突で(笑)
プレゼントされたにもかかわらず、気に沿わず (ぴぴちゃん、ごめん)
あの日は 「部分でしか」 紹介できなかった。

でも、こうしてリメイクしてみたら、好み色合いだったお花が残り、
このトピアリィ風のものがどんな風にドライにかわるか、楽しみです。
by oak412 | 2013-04-22 15:00 |

ATSUTA BLUE


よく晴れていた日曜日の朝、
茶々との散歩を終えたのが
八時ちょいまえ。

ふいに、思いたつ。

きょうは、いいBULEに会えそう、「厚田」に行こう!と。



ミキちゃんに、「ご一緒にいかが」メール。
こころよく了解のリメール。


GO!


厚田の「望来」の丘の上のパン屋さんから。
ここちいいブルーをぱちり。

(PCに画像アップして見返したら)

(店内からのガラス越しなので、なんだかちょっとなかんじ。)

(いさぎよく、がっつりレタッチしてしまいましたし!)


で、厚田のブルーです。
b0175163_21302785.jpg





このトーンのまま、
石焼窯でこんがりと焼かれたピザをアップ!
b0175163_21311725.jpg





ガラス越しの海のブルーや手前の枯草もいれてアップ!
b0175163_21315786.jpg

(明るい外の色をほしがると、店内・手元のピザが暗くなり、大失敗っす~泣~)



お腹ぷっくり。
あっくん(車)に待たせていた茶々と、あたりをお散歩。
b0175163_21341379.jpg




きのうに引き続き、またもふきのとう、ぱちり!
b0175163_21345539.jpg




大好物の「鉄塔」、
逆光の空と夏タイヤにかえたばかりの相棒あっくん(車)。
b0175163_21361452.jpg




このあと、山を下って、
ミキちゃんが、以前から、興味しんしんしんだった「ありすCafe」さんへ。
店主のMIHOちゃんが、こころをこめていれてくださったコーヒーでくつろぐ。
b0175163_21385265.jpg

ありすCafeさんは、明日4月22日月曜日、
NHK総合、午後5時から6時の番組中で紹介されます。
ローカルじゃなく、全国的に紹介されます。
ぜひ、ぜひ、ご覧下さいね。



そうそう、わたしも
以前、何個か、
ふつうにカフェじゃない(笑)、
ありすCafeさんのことアップしてました。

「待ち遠しい新刊」

「ありすカフェにて」

「海のそばへ」

( 三本とも ありすCafeさんでの記事です~!)
by oak412 | 2013-04-21 22:02 | 日々のこと

見頃は来週でしょう!


今朝は七時に起きて、
リビングに陽ざしがいっぱいでうれしかった。

ちょっと窓をあけて外気を確認、「あったかい!」
低温注意報が続いていたので、空気があったかいのがうれしい。

では、行くとするか!

てけてけ (歩いて)

バン! (車に乗り込み、ドアをしめ)

ブー! (出発~!)

で、
着いた!
星置緑地
b0175163_1425258.jpg

茶 「ことしも、フライングなようです!」


青い空が水面に写ってるはずだったけど、
だんだん「雲」の面積が青空の面積を狭めてる・・・・・。
b0175163_142968.jpg



のびのび育ったふきのとうさん。
b0175163_1465226.jpg



まだ、花ひらく手前のやちぶきさん。
b0175163_1465867.jpg



ぽつぽつ雨が降ってきた。
b0175163_147854.jpg



ぽつぽつが、いい勢いの降りにかわってく。
急いで、車にもどろう!
b0175163_1495477.jpg



おめあての水芭蕉さんたちは、来週が見頃になるのかな!
b0175163_1493649.jpg

今朝は、ちんまりしたの写せた。
かわいい!

帰り道、ラジオできいた札幌あたりの天気予報
「晴れときどき雨」。
私たち、星置緑地にいたほんの20分くらいに、
めまぐるしく、予報通り、まさに実体験。




去年も、たしか見頃よりちょっと早く来て、
次の週にいいかんじになっていました。

2011年は4月24日に撮ったのを、
5月3日から6回シリーズで(笑)紹介してます。←クリックしてみてね!
ここの水芭蕉、ほんとうにきれいなんです。 

by oak412 | 2013-04-20 14:31 |

茶々は10歳になりました。


茶々は今日、10歳になりました。

今朝も、
いつもとおなじように、
「ねえ、おっきして(起きて)、
 はやく、お散歩いこう。」
と、ぺろぺろして、わたしを起こしました。

お散歩では、
どっかにむかって
「うおおーーーーん」と なんどか遠吠えしてました。

白い足先をテケテケテケテケとすすめ、
ときには、猛ダッシュ、
急ブレーキで匂いかぎを繰り返し、
いつもどおり。

キャベツとヨーグルトとドッグフードの定番ごはんも、もりもり。

行ってらっしゃい!と、お仕事のお留守番をこなし。

お帰りなさい!って、プリプリっとおしりをふってお出迎え。

いつもどおりで、10歳を迎えてます。
ほんとうにありがたいことです。

そうそう、たしか、五歳くらいにあったきりの
弟・ごんたは、どうしてるかな?

同じく10歳、元気だったらいいなぁ。

わたし、月曜日あたりから、風邪をひき、

咳・喉・鼻水・もうあかん 
なかんじでして
このままの体調で、週末に突入はイヤだな~って思ってます。



さて、ここからは、茶々が感謝をこめて、ナビゲイト!



茶々です。
母・マリンちゃん、父・サスケさんとの間にうまれて、かれこれ10年です。
b0175163_1764430.jpg


プレ・ひな祭りの会という、茶々の家での飲み会のおわりに、
ゆたが、ウチに集まっていた、どさビーのお姉さまたちに、
「いついつ、どこどこで、茶々の10歳記念パーチーして、おねがーいっ!
 シキリ、ハレちゃんやって、おねがーいっ!、
 あと、プレゼントは、 どったらこったらの 皮でクサリのついたやつ おねがーいっ!」
と、オネダリおばちゃんしてて、実現したのが、これ!
b0175163_17331894.jpg


いついつは14日の日曜日、どこどこはシバキチカフェさんだったの
b0175163_17333087.jpg

 (茶々をだっこしてくれてるシバキチカフェ・オーナーのERIさんは、
  めっちゃおいしいお料理でおもてなしで、お祝いをもりあげてくれました!)

チーム・マックスから、
ついこの間は、「子パンダ」めいていたα(アルファ)くんが、
フツーにボーダーコリーに
成長してました(笑)
そして、きっちりふせて、犬生・初めての「カフェ体験」中でした。
b0175163_17263354.jpg


αのおにいちゃん・マックスは「写真とるよ!」となると、きっちりポーズとります。
ふだんは活発なのに、きっちりおすまし。すごいな~。
だるまさんがころんだ!勝負では、きっちり止まれる茶々といい勝負になりそうだね。
b0175163_17271262.jpg



バッグ・イン・ドッグは、ティンちゃん
自らバッグのなかにはいって、居眠り・・・・・
(・・・してるようで、じつは、食べ物が狙えるタイミングを計っているらしいのです)
b0175163_17245438.jpg



パンダのタンクトップがばっちりお似合いのパンチ!
なかなかこっちむいてくれなくて、って、
ブレていないフォトがこれだけって、ゆたが懺悔してたよ。
b0175163_17253396.jpg



この日、ゆたは、
みんなとのお話しに、盛り上がり、わらいまくっていたので、
笑すぎで、腕がぶるぶる、写真もブレまくり、で、
ごめんなさい・ざんねんです、そんなフォトしかのこっていなかったの。

でも、ブレてるからこそ、笑えるかも?
そんな何枚かがあるのよ。


先日、パンチ家のなっちゃんが、
神戸あたりから連れ帰った「こぱんち」に「こぐるたん」
そのお披露目がおわり、ゆたが こぱんちに こぐるたんをのせたら、
それを「へっ?」と、ガン見してるのが、
ボーイッシュカラーのボーダーを着たティンちゃん。
b0175163_1725206.jpg



あの日から、どさビーのお姉さんたちが苦手なぐるたんを思わせる
目に、かすかなおびえをみせる こぐるたん(笑)
b0175163_1725484.jpg



こぱんちは、どさビーのお姉さんたちが、さわがしいのは
いつものことなんだろうと学習し、まったく動じません。
b0175163_1724938.jpg



その動じないとこが、気に入らないのか、
ブルブルって、ブルブルって、ねえ、ティンちゃん怒ってる?
b0175163_17282336.jpg

(的な?フォトでしょ。  これって、ぶれてるから、こんな小話になる)


ミキちゃんは、ほんもののパンチのアレルギーを考えて、安心して食べられる
わんこみんなも喜んで食べられるケーキを作ってきてくれた。
b0175163_17283235.jpg

(このフォト、 左に こぱんちがいるでしょ、
 奥に、ぼんやり、ほんもののパンチが
 「くれー!それ、おくれー!」って吠えてるの、写っていたよ)


ケーキカットしていただいたら、茶々はさっそく、
いまのとこ、いちばん「ちょうだい攻撃に弱いひと」の横にぴったりつく。
b0175163_17285493.jpg

ちゃっかりしてるのには、年々磨きをかけるのだ!


ふっと、横のチームマックスの様子をみると、
弟αが、お兄ちゃんマックスになにか訴えるような視線を、
ずっとずっととばしていたのだけど、
マックスがそれに気づかずにいたら、
b0175163_17292550.jpg



「マックスにいちゃんっ!」って伸び上がる顔が、
迫力あって・・・おどろいた(笑)
b0175163_17294162.jpg



そんなこんなで、
あっという間に3時間くらいが過ぎたのよ。


シバキチカフェさんが、外注してくれていたケーキ。
すっごいおいしかった~。(茶々に弱い人から、いちごをいっぱいもらったの。)
b0175163_17325788.jpg


シバキチさんのお料理のフォトもなんまいか
まず、フレッシュなサラダ
b0175163_17334517.jpg


奥は、菜の花のフラン 手前はローストポーク(二種のソース)
b0175163_17335671.jpg


ライムと 
こうばしいお塩(なんの塩?かうかがうのわすれたよ)でいただく
レンコンのフリット
b0175163_1734726.jpg


フィットチーニのポロネーゼ
b0175163_17341587.jpg


ロールチキンのロールキャベツのトマトクリームソースも出してもらった
(けど、フォトなし。ざんねん。)

茶々とゆたのために、
お祝いの席をもうけてくれてありがとうございました。
とても幸せな10歳と49歳のスタートです。


わたしからも、
みなさんありがとうございました。
茶々にいただいたプレゼント、そしてわたしにも!
ほんとうにうれしいです。
ありがとう。

by oak412 | 2013-04-18 20:10 | 日々のこと

Happy my Birthday


わたしの誕生日でした。

こたママちゃんからは、
すこし前に、プレートが届いてて、
          (ありがとうね。)
気分を、
すこしづつ、もりあげてくれていました。
b0175163_23374661.jpg


昨日は、「フライングゲット」なプレゼントも贈られ、
ついにいらっしゃる「40台最後の一年」の誕生日へのプレリュードが奏でられ・・・・。
(そのお品は、またの機会に鋭意撮影したものをお披露目したい)


いよいよ、その日は、朝から雪が降り、
溶けながら雪が降り続く日でした。
毎年、届けられる母からの誕生日のお祝い。うれしいな。
b0175163_23383851.jpg



わたしと茶々は誕生日が近く。
b0175163_23444137.jpg



茶々にも、ウキウキを振動させ、伝染させています。
b0175163_23452021.jpg



一年に一回の記念日にありがとうをいっぱいいえる機会をくれた両親にありがとう。
b0175163_235917.jpg

FBやメールで、こころのこもったメッセージを、
みなみなさまありがとうございます。

贈りものを選んで、いろんな手段で届けてくださった、
上司のS先生、同僚のSちゃん、AKY&NG夫妻、MKちゃん
MTKさま、MKちゃん、函館のTZKちゃん、
プチトリップやステンドガラスで、心をみたしてくれたMr TKP
すべてのかたに、Hug・Kiss・Thanksでございます。
今夜唐突に決定したファーム斉藤さんでのディナーにつきあってくれたMKちゃん
ありがとうございます。

いっぱい、ありがとうがいえて、
ほんとうにうれしい一日でした。
by oak412 | 2013-04-12 23:45 | 日々のこと

君に逢えたら春はそこ。


4月11日。

朝、また驚きました。

たっぷり雪が降っていましたから。

でも、4月です。
その雪は、凍りつくタイプではない・・・・。
すこしの陽ざしで、ゆるゆると、はかなく解けゆく、なごりの雪。
b0175163_22194745.jpg

陽ざしをあびて、新雪の上をお散歩する。
かぎかぎにいそがしい茶々。



そして、この陽ざしも、
お散歩の途中から、雪雲に隠れ、あたりは、暗くなりました。
b0175163_22125463.jpg

どんよりしたムードですが、わたしは、うれしかった。
茶々の足元に・・・君を見つけたから。


スノードロップ、待ち焦がれていたんだよ。
b0175163_22135364.jpg




春の訪れをたしかに告げる、
b0175163_22141537.jpg




君に逢えたから、うれしいよ。
b0175163_22145720.jpg




首をながくして、君に逢える朝を待っていたから。
b0175163_22154399.jpg

なごり雪の朝、君に逢えて、よかった。

君に逢えたら、春はすぐそこ。
by oak412 | 2013-04-11 22:16 |